―神は汝の罪を全て許しはしない… ザ・コンヴェント 6.10(水) レンタル開始

イントロダクション

『ヘルボーイ』N・マーシャル監督の盟友ポール・ハイエット監督作!

「死霊館」シリーズのスピンオフとして2018年に公開された『死霊館のシスター』も記憶に新しい【修道院にまつわる呪いの連鎖を描いたホラー映画】。神によって降りかかる試練とともに悪魔の呪いを描いた攻防戦。本作も2018年以降に数多く制作された院内で起こるホラー映画のひとつである。特殊メイクアーティスト出身のポール・ハイエット監督の恐怖の心霊描写も去ることながら、「罪を悔い改める」という修道院の教えを意外な方向から描く脚本力にも注目。

イギリスの若手女優に加え、ホラー映画の名優たちが共演

主演は、イギリスで映画・舞台・TVドラマで着実にキャリアを積む若手女優ハンナ・アータートン、さらに『復讐少女』『デビルズ・トレイン』に続き、ポール・ハイエット監督の常連キャストとして出演が続くロージー・デイが共演。さらに『ヘルレイザー』で悪女を演じたクレア・ヒギンズが修道院の院長マザーに扮し、『スキャナーズ』でカナダのジャック・ニコルソンとも呼ばれたマイケル・アイアンサイドも共演、ホラー映画ならではの新旧キャストで彩る。

場面写真 場面写真

ストーリー

その罪は許されるのだろうか…

カトリック教会が異端者を処刑するための【魔女裁判】が横行していた17世紀初頭のイギリス。農家の娘、ペルセフォネも魔女の疑いで審議に掛けられていた。彼女の見た夢が現実に起こり、村人から告発されたのだ。しかし審議の最中、女性修道院(コンヴェント)の院長マザーの説得により処刑を免れることに…。その後、彼女の修道院で暮らすことになったペルセフォネは、「これからの人生を神に捧げ、日々悔い改めなさい」とマザーから教えられる。しかし、厳しい規律の中で彼女は徐々に異変を感じはじめ、やがて彼女にしか見えないある存在が目の前に現れる。本当の魔女は誰なのか?修道院が呪われているのか?彼女を待っていたのは、神の救いではなく地獄だった…。

場面写真 場面写真

キャスト&スタッフ

cast

ペルセフォネ:ハンナ・アータートン
修道院長マザー:クレア・ヒギンズ
治安判事:マイケル・アイアンサイド
シスターエメリン:ロージー・デイ
シスターエリザベス:アニア・マーソン

staff

監督:ポール・ハイエット

リリース

ザ・コンヴェント(DVD)のジャケット画像
ザ・コンヴェント
(DVD)

2020/6/10 ゲオ先行レンタル開始

  • 宅配レンタルで借りる
  • 店頭在庫を確認する

※掲載のジャケットは変更になる場合があります。

発売元・販売元:プルーク
© 2018 The Gateway Movie Ltd