アウトブレイク-感染拡大- <カナダで視聴率No.1獲得> ウイルス蔓延を「予言した」 とも言われる最新TVシリーズ 衝撃のウイルス・パニック・スリラー Vol.1~5 11.13(金) レンタル開始

リリース

アウトブレイク-感染拡大-(DVD)のジャケット画像
アウトブレイク-感染拡大-
(DVD)

Vol.1~5 2020/11/13 ゲオ先行レンタル開始
(全5巻)

  • 宅配レンタルで借りる
  • 店頭在庫を確認する

※掲載のジャケットは変更になる場合があります。

イントロダクション

カナダで社会現象となった衝撃のパニック・スリラーが日本初上陸!

2019年末、東アジアで突如として発生し、瞬く間に世界へ拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界の在りようを一変させた。この新たな感染症は、全世界で累計感染者が約1,000万人、累計死亡者が約50万人(※2020年6月末現在)を超え、戦争時にも匹敵する犠牲者を生むなど、戦後最悪の感染症となりつつある。2020年1月に、カナダで初放映されるやいなや同時間帯のチャンネル占有率、驚異の35.5%を記録するなど、社会現象となった本作。このドラマで描かれたのは、カナダ・ケベック州モントリオールの街中に、突如として流行し始めた未知の【新型コロナウイルス】。劇中で【CoVA】(読み:コヴァ)と名付けられたウイルスはすぐに街中に蔓延、モントリオールの人々は治療薬もワクチンもない中、感染力が強く、致死率が高いこの未知のウイルスとの戦いに巻き込まれていく。

綿密なリサーチを経て製作されたリアルな世界

本作は、未知のウイルスがいかに社会不安や恐怖を蔓延させていくかをリアルに描いている。その描写は、リサーチに基づく「予測」によって描かれているにも関わらず、我々がまさに今体験している日常を、〈追体験〉しているかのような錯覚を起こすほど正確でリアルだ。日々の入念な手洗いやマスク着用といったウイルス対策、ソーシャルディスタンスの提唱や、感染拡大に伴うマスク不足による転売問題、集団感染(クラスター)や院内感染の恐怖、誤情報に伴う人種差別など、さまざまな点で現実とリンクする描写が目に飛び込んでくる。さらに驚くべきことは、本作が2019年末にほぼ全ての撮影を終えていたという点だ。

早くもシーズン2の製作が決定

本作の主人公、緊急衛生研究所の所長アンヌ=マリー・ルクレール博士を演じるのは『人生、ブラボー!』(12)のジュリー・ルブレトン。彼女はモントリオールで蔓延する危険なウイルスの根絶を担い、緊急衛生研究所のチームと共に容赦のない病との戦いに挑む役を熱演。本作全10話の演出を担当したのは、TVAで「L’imposteur」(題訳:詐欺師/16-17)などカナダのTVドラマを中心に数々の作品を手掛けてきた、ヤン・ラヌエット・チュルジョン。本国では早くもシーズン2の製作が決定した。

場面写真 場面写真

ストーリー

そのとき、あなたは愛する者を守るために、何ができるだろうか―!?

カナダ・ケベック州モントリオールの街中で、危険な未知のウイルスが先住民族イヌイットのホームレスの人々の間で今まさに広がろうとしていた。感染症のスペシャリストであり、緊急衛生研究所の所長であるアンヌ=マリー・ルクレール博士は、この非常事態に伝染性が高い未知のウイルスの存在にいち早く気付き、その正体を掴もうと奔走する。一瞬の接触、連鎖的な接触を経て、次々に州全土に増えてゆく感染者、そして死者。やがて、その原因が感染力と致死率が極めて高い【新型のコロナウイルス】だったことが判明する―。さまざまな人間関係が交錯する中、アンヌ=マリーたちは致命的な感染症の大流行-パンデミック-を防ぐ事が出来るだろうか―。

場面写真 場面写真

キャスト&スタッフ

cast

ジュリー・ルブレトン
ギョーム・シール
メリッサ・デゾルモー=プーラン

staff

監督:ヤン・ラヌエット・トゥルジョン

発売元・販売元:プルーク
© Sphère Média 2016 inc.