イントロダクション

ホラー映画歴代No.1ヒット!!
全米にてオープニング興収の歴代最高記録を樹立!(2017年9~10月度)

全米でのオープニング興収約1億2300万ドルは、9月、10月公開作で歴代最高記録を樹立。例年、秋の初めは業界全体として興行的に苦戦することが多いが、『IT』はそんな常識を吹き飛ばす異例の特大ヒット!
今年度全体のオープニング興収でも『美女と野獣』(3月/約1億7470万ドル)、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月/約1億4600万ドル)に続く3位!
過去の数多あるホラー映画の中でも史上最大の大ヒット。全米では『パラノーマル・アクティビティ3』のオープニングの成績を塗り替えホラー史上最大のヒットとなった。

日本でも大ヒット!!!

2017/11/3(金)に日本でも公開され、ホラー映画かつR15 指定としては異例の初週3日間で2.8億の興収を達成し、嵐の二宮和也主演の「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」をおさえ、「マイティ・ソー バトルロイヤル」に次ぐ初登場2位を記録!!
公開3週目ではとうとう「マイティ・ソー バトルロイヤル」をおさえ、第1位に輝いた!!

全米史上最恐のトラウマとなったスティーヴン・キング原作が映画化

原作は1986年に発表され、1991年に初めてTVドラマ化され、不気味なピエロ「ペニーワイズ」のあまりの強烈さに、アメリカ国内ではピエロ=恐怖の対象となった。
ペニーワイズは実在する連続殺人鬼ジョン・ゲイシーを基にしていると言われている。

24時間予告再生数史上NO.1を記録!

予告編がアップされるや、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録。アメリカでは実際に町にピエロが出没する奇妙な現象も続出し社会現象に!

2部作での制作が決定!!第2章は2019年に公開予定!!

本作は2部作での制作が決定し、今回の第1章では“IT(それ)”と対峙する子供たちが描かれ、第2章ではその子供たちが大人になり、再び“IT(それ)”と対決する模様が描かれる。

注目の若手俳優ビル・スカルスガルド&次世代スター達が出演!!

道化師ペニーワイズ役のビル・スカルスガルドは『シンプル・シモン』で映画デビューし、TVシリーズ『ヘムロック・グローブ』の主演で注目を集めた。兄は『ターザン』のアレクサンダー・スカルスガルド。また、子役たちはジェイデン・リーバハー(『ヴィンセントが教えてくれたこと』)、フィン・ウォルフハード(『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)など次世代を担うキャストが集結!

  • シーン画像01
  • シーン画像02

ストーリー

“それ”は、ある日突然現れる。

一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。
自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

  • シーン画像03
  • シーン画像04

キャスト&スタッフ

キャスト
  • ビル・デンブロウ :ジェイデン・リーバハー

  • ペニーワイズ:ビル・スカルスガルド

  • リッチー・トージア:フィン・ウォルフハード

  • エディ・カスブラーク:ジャック・ディラン・グレイザー

  • ベバリー・マーシュ:ソフィア・リリス

  • ベン・ハンスコム:ジェレミー・レイ・テイラー

スタッフ

  • 監督:アンディ・ムスキエティ

リリース情報

DVDジャケット画像

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 (DVD)

  • 2018/2/21 レンタル開始
宅配レンタルで借りる