イントロダクション

日本でも空前の社会現象となり、その後の海外ドラマブームの先駆けとなった「ツイン・ピークス」が、25年の時を経て帰ってきた。映画界の鬼才デイヴィッド・リンチが製作総指揮を手掛け、海外ドラマの常識を打ち破った「ツイン・ピークス」。最終回でローラ・パーマーがクーパー捜査官に「25年後に会いましょう」と告げたまさにその“25年後”の世界を描くのが、今回の新作だ。カンヌ国際映画祭での特別上映を皮切りに世界中を熱狂させ、米「ローリング・ストーン」誌などの名立たるメディアが、2017年No.1TVシリーズに選定するなど「ツイン・ピークス」現象は25年経った今、再び盛り上がる。

新作の企画・製作総指揮、そして全18章の監督を務めるのは、鬼才デイヴィッド・リンチ。ひとつの完成された脚本を元に、編集で18章に構成するという手段で、「一本の映画を撮るように」作られた本作は、その独創的な世界観と衝撃的な映像表現で観る者の脳天を直撃する。一度足を踏み入れたら最後、あなたはツイン・ピークス・ワールドから抜け出せなくなる!

クーパー捜査官役カイル・マクラクランらオリジナル・キャストが多数再登場するのに加え、ローラ・ダーン、アマンダ・セイフライド、ナオミ・ワッツなどのスターが新キャストとして参加。そして、日本人俳優の裕木奈江が抜擢されている。

アンジェロ・バダラメンティによるオリジナル・スコアやジュリー・クルーズの「フォーリング」など、「ツイン・ピークス」を語るのに音楽の要素は不可欠だ。新作では、各章で劇中のバーのライヴ演奏シーンが印象的で、ナイン・インチ・ネイルズ、クロマティックスら多彩なアーティストが多数参加している。

第14章に、映画『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』でフィリップ・ジェフリーズ捜査官を演じたデヴィッド・ボウイの映像がフィーチャーされる。わずかながら強烈な印象を残すそのシーンは、新作への出演が予定されていたボウイへのリンチ監督からの追悼のシーンと言えるだろう。

ストーリー

クーパー捜査官は異空間にいた。そこで巨人と不可解な会話を交わし、新たな異空間へと飛ばされる。そしてブラック・ロッジにいるクーパーの前にはローラ・パーマーが現れ、彼の耳元で何かを囁く─。いっぽう現実世界には、長い髪にレザージャケットを着たもう1人のクーパー、Mr.Cが存在していた。この男は冷酷で殺人を繰り返していたが、その目的とは一体─。
事件は様々な場所で起きていた。サウスダコタでは頭と胴体が別の人間という奇妙な死体が発見され、ラスベガスでは妻子持ちの男ダギー・ジョーンズが、奇妙な行動で周囲を困惑させていた。また、ツイン・ピークスでは懐かしい顔ぶれが揃う中、クーパーに関する重要な情報がホーク保安官補に届き、新たな捜査が開始される。

キャスト&スタッフ

キャスト

  • デイル・クーパー/ダギー・ジョーンズ/Mr.C:カイル・マクラクラン
  • アンディ・ブレナン:ハリー・ゴアス
  • ルーシー・ブレナン:キミー・ロバートソン
  • トミー・“ホーク”・ヒル:マイケル・ホース
  • アルバート・ローゼンフィールド:ミゲル・フェラー
  • ゴードン・コール:デイヴィッド・リンチ
  • シェリー・ブリッグス:メッチェン・エイミック
  • ノーマ・ジェニングス:ペギー・リプトン
  • ベンジャミン・ホーン:リチャード・ベイマー
  • オードリー・ホーン:シェリリン・フェン
  • ボビー・ブリッグス:ダナ・アッシュブルック
  • ジェイニー=E・ジョーンズ:ナオミ・ワッツ
  • ダイアン・エヴァンス:ローラ・ダーン
  • ローラ・パーマー:シェリル・リー

スタッフ

  • 企画・製作総指揮・監督・脚本:デイヴィッド・リンチ
  • 製作総指揮・脚本:マーク・フロスト
  • 音楽:アンジェロ・バダラメンティ

リリース情報

ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ(DVD)

Vol.1〜9 2018/7/4レンタル開始
(全9巻)

宅配レンタルで借りる

※掲載のジャケットは変更になる場合があります。