eico "IENAKA"Entertainment Media女性のための“家ナカ”エンターテイメント情報やお得な情報が満載!

未来を花束にして

女性の参政権を求めて立ち上がった
“名もなき花”の、真実に基づく物語

1912年のイギリス。ロンドンでは、当時の政権に対して女性の選挙権を要求する運動が先鋭化していた。50年に及ぶ平和的な抗議が黙殺され続け、カリスマ的リーダーであるエメリン・パンクハーストが率いるWSPU(女性社会政治同盟)は、"言葉より行動を"と過激な抗争を呼びかけていた。階級を超えて連帯した女性たちの願いはやがて大きなムーブメントとなり社会を変えていった―。 実話に基づく本作は、そんな女性たちの勇気ある行動を描出した感動作だ。 主人公モード・ワッツ役に、『17歳の肖像』でアカデミー賞®候補になった若手演技派のキャリー・マリガン。洗濯工場で過酷な労働に従事していた平凡な子持ちの女性が、参政権運動に目覚め、のめりこんでいく様子を繊細に演じた。同志のイーディス役を演じたヘレナ・ボナム=カーターは、参政権運動を弾圧した当時の首相の曾孫にあたる。また、運動を率いた実在の人物エメリン・パンクハーストには、3度のオスカーに輝く名優メリル・ストリープ。演説だけの短い出演シーンにもかかわらず、圧倒的な存在感を放つ。

ストーリーをチェック!

1912年、ロンドン。劣悪な環境の洗濯工場で働くモードは、同じ職場の夫サニーと幼い息子ジョージの3人で暮らしている。ある日、洗濯物を届ける途中でモードが洋品店のショーウィンドウをのぞき込んでいると、いきなりガラスに石が投げ込まれる。女性参政権運動を展開するWSPU(女性社会政治同盟)の“行動”の現場にぶつかったのだ。それが彼女と“サフラジェット”との出会いだった。 やがてモードに大きな転機が訪れる。下院の公聴会で証言をすることになったのだ。工場での待遇や身の上を語る経験を通して、初めて彼女は“違う生き方を望んでいる自分”を発見する。けれども法律改正の願いは届かず、デモに参加した大勢の女性が警官に殴打され、逮捕された。そんな彼女たちを励ましたのが、WSPUのカリスマ的リーダーであるエメリン・パンクハーストの演説だった―。

レビュアーのオススメPoint!

真実をもとにした映画

女性にまだ参政権がなかった時代を描いた映画です。100年前の女性が権利を勝ち取るために行動していたことを知り、胸が熱くなりました。選挙権は当たり前になっているけど、こうした女性が行動をしたからこそ。女性に限らず男性にも観てほしいと思いました。「未来を花束にして」というタイトルも素敵です。

29歳 OL

キャスト&スタッフ

  • モード・ワッツ
  • キャリー・マリガン
  • イーディス・エリン
  • ヘレナ・ボナム=カーター
  • サニー・ワッツ
  • ベン・ウィショー
  • エメリン・パンクハースト
  • メリル・ストリープ
  • 監督
  • サラ・ガヴロン
  • 脚本
  • アビ・モーガン

ディスク情報

未来を花束にして

」

未来を花束にして

2017年7月28日レンタル開始

  • 出演
  • キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カーター、メリル・ストリープ
  • 発売元・販売元
  • KADOKAWA

その他オススメタイトル

その他オススメ 一週間フレンズ。
一週間フレンズ。
  その他オススメ 恋妻家宮本
恋妻家宮本
  その他オススメ 花郎<ファラン>【テレビ放送版】
花郎<ファラン>【テレビ放送版】
  その他オススメ マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
  その他オススメ シチリアの恋
シチリアの恋

その他掲載タイトル